スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾グルメ旅行記2012 2日目

2日目は今回のテーマである高雄へ行きます。
前のバス停から淡水線中山駅経由台北駅を目指します。
ホテルを7時30分頃出て8時頃中山駅に着きました。
MRT中山駅_020
新幹線は前回クリアしてますから余裕で乗車しましたと書きたい所だが
チト、ハプニングがありました。
それは手持ちの現金が心細いのでカードで切符を買う事にして
自動券売機に並び(10人位並んでいた)余裕で操作して取り出し口にある紙を持ち
8時30分発の新幹線へ乗り込もうと改札へ切符を入れようとした時異変に気が付いたのです。
みんなが持っている切符と明らかに違う紙を持っている事に・・・。
それも3枚も・・・
パニクッて係員が居たので話す事が出来ないので紙をちらつかせたが解る訳も無く・・・トホホ
と、その時ひらめいた(毎週、知恵文殊地蔵さんにお参りしている効果が出た)
その紙はレシートで切符を取り忘れたと思い自販機に行ってみたが無い
前回自販機に取り残された釣り銭をパクッた罰がとか
1445元×2×2.8=8000円余分に掛かってしまうとか
8時30発(板橋、台中しか止まらず30分早く着く)に乗り遅れるとか
で、しぶしぶもう一度買う事にして再度トライしたが結果何も出てこない
私が獲ったレシートは切符を買った時に出るレシートで前の人の分が貯まって置いてあるだけだと解った。
よくよく握りしめていたレシートを見ると3枚とも行き先が違っている事に気が付き
私のでない事に初めて気が付いた。
じゃ なぜ切符が出てこないのだ・・・とその時天の声の様に奥様がポツリ
『他の人のを見ていると最後に右下のボタンを押しているみたい』と
ハタと気が付きました。暗証番号の後にEnterを押していない事に・・・。と
しかし時間もないのでカード支払いはやめて現金で無事購入しました。
混んでいるので他の人に迷惑が掛かると思い焦ってしまったのが原因でした。
コレです上が行き下が帰りの分でした。
なぜか切符が戻ってくるのです。
IMG_7950_025.jpg
コレに乗っていきます。
台湾新幹線_020
発射数分前に乗り込んだ為10~12号車が自由席ですが
空席が無く結局12号車まで歩いて空席を見つけ無事座れました。
平日は自由席が空いている確率が高いという情報でしたが
危ない所でした。しかし無ければ指定席が空いていれば
料金をプラスすれば座れる事も確認済みでした。
台湾高鐵_車両_020
台湾高鐵_左営駅に着きました。
日本ではもう何十年も乗っていないのに台湾で乗るなんて・・・。
スピードが電光掲示板に時々表示されますが300キロ近い数字が出る時は感心してしまいました。
日本でも表示はするのかな
台湾高鐵_左営駅_020
左営駅に着いて10時だったので先に蓮池潭へ行く事にしました。
歩いて行こうと思い出口を探しているとボランティアの人が声をかけてきたので
歩いて行く出口を教えて貰ったがどの路から行ったら良いのかも解らず
タクシー乗り場があったのでタクシーにしました。
タクシーで行った距離を考えると歩いて行くのは無謀だった様だ
蓮池潭は淡水湖で結構広いがタクシーは迷わずココに連れてきてくれた。
シンボル的存在の龍虎塔だ。
まずは入口で記念撮影
蓮池潭_龍虎塔 入口記念撮影2_020
ジグザグの橋を歩いて
蓮池潭_龍虎塔 入口にある廟2_020
左に龍右は虎ですが龍の口から入っておしりから出て虎のおしりから入って口から出るのが良いらしい。
蓮池潭_龍虎塔 龍_020
ここからです。
蓮池潭_龍虎塔 龍入口_020
内部は絵が描いてありました。
無料ですが料金箱が有りました。
蓮池潭_龍虎塔 龍内部_020
おしりから出てきた所です。
蓮池潭_龍虎塔 龍後_020
龍の方の建物(七級浮屠)へ登ってみました。
螺旋階段で6階まで上がれます。アーしんど。
蓮池潭_龍虎塔 七級浮屠 6階_020
記念撮影です。
蓮池潭_龍虎塔 七級浮屠3_020
パノラマ画像にしてみました。
全体を見るにはクリックしてね。
蓮池潭パノラマ_020
虎の後ろに回ると
蓮池潭_龍虎塔 虎後_020
入口がありました。
蓮池潭_龍虎塔 虎入口_020
内部はこんな感じの絵が描いてあります。
蓮池潭_龍虎塔 虎内部_020
ズーと書いてあります。
蓮池潭_龍虎塔 虎内部2_020
終わります。
蓮池潭_龍虎塔 虎出口へ向かう_020
出た所で記念撮影です。
蓮池潭_龍虎塔 虎出口記念撮影_020
こんな感じで建っています。
蓮池潭_龍虎塔 虎_020
左隣の建物へ行きます。
蓮池潭_春秋閣2_020
春秋閣と言うそうです。
蓮池潭_春秋閣_020
口から入って
蓮池潭_春秋閣3_020
内部はアップダウンが有り絵が書いてあります。
蓮池潭_春秋閣内部3_020
ズーと続き
蓮池潭_春秋閣内部_020
結構長かった。
蓮池潭_春秋閣内部2_020
更に左の湖裡亭へ行きます。
蓮池潭_湖裡亭_020
長ーい橋を渡って行くと建物だけで何もありませんでした。
ここまでの3つの建物は比較的くっついているので見ましたが
これ以上は何の興味も無いし暑い中(30度位有りました)汗をかきかき移動するのはいやなので
昼食の目的地の旗後を目指します。
事前調査でここからフェリー乗り場の鼓山までバスがあるそうなので
バス停を探すが見あたらず暑さに負けて又タクシーで高鐵_左営駅へ行きました。
タクシーは便利だがチト面白味に欠ける。
蓮池潭_湖裡亭通路_020
駅正面に着き地下鉄入口を捜すと右手にありました。
こちら側はかなり開けていてバス停なども充実しており
最初にこちら側に降りれば良かったと思いボランティアの人に怒りを感じたが
歩いて行くと言ったので裏側を教えてくれたと思うと自業自得でした。
地下鉄紅線で美麗島駅まで行き橘線に乗換て西子湾駅まで行きます。
MRT紅線_左營_020
路線図です。
MRT路線図_020
MRT路線図2_020
美麗島で乗り換えて
MRT美麗島乗換_020
西子湾到着です。
MRT橘線_西子湾_020
一番出口を目指し
MRT橘線_西子湾 一番出口_020
案内板で鼓山フェリー乗場を確認して
MRT橘線_西子湾 地図_020
表に出るとビラを配っている兄さんがいたのでフェリーはどっちと聞いて方角を確認した。
後からビラを見て貸し自転車屋の呼び込みの兄さんと解った。
数件の貸し自転車屋があり人の顔を見ると声をかけてくる。うざい
鼓山フェリー乗場 案内板_020
案内看板を右に曲がると鼓山フェリー乗場が見えました。
乗船待ちのバイクの排気音がうるさい横をすり抜け
鼓山フェリー乗場_020
運賃ボックスへ15元入れた。
鼓山フェリー乗場 運賃ボックス_020
その先は待合室だ
鼓山フェリー乗場 待合室_020
奥様はしばしの休息を取っていた。
鼓山フェリー乗場 待合室でひと息_020
船が着き人とバイク、自転車を降ろすとすぐ乗船です。
鼓山フェリー乗場 乗船_020
こんな風にバイクと人が同時に乗り込みます。
鼓山フェリー乗場 乗船3_020
基本的に左口からバイク、自転車は1階へ人は右口から2階へ乗船する様なので危なげはない。
鼓山フェリー乗場 乗船 バイク_020
貸し自転車屋で借りたであろう二人乗りの自転車も仲むつまじく乗船です。
鼓山フェリー乗場 乗船 自転車_020
2階はクーラーの効いた部屋と展望デッキに分かれていて私達は迷わずデッキへ陣取りました。
鼓山フェリー2階_020
パノラマにしてみました。
旗津パノラマ_020
10分位で旗津に到着しました。
右の方に歩いて行くと海鮮街が見えてきました。
本当はバスで少し離れた所の萬三という海鮮料理屋が評判良いとの事なので
行く気になっていたが13時頃なのであきらめて近場で食事する事にしました。
何せ熱くて戦意喪失気味になっていた。
旗津_海鮮街_020
こちら側にも貸し自転車屋がかなりあった。
旗津_貸し自転車_020
旗後天后宮が見えてきた。
旗後天后宮2_020
軽く流した。
旗後天后宮_020
同じような店が何軒もあったが食材豊富そうな大きめな店の旗津海産店にしました。
旗津海産店_020
奥様大好物の海老はもちろん注文します。
旗津海産店水槽_020
魚が沢山並んでいます。
旗津海産店_魚2_020
中にはカエルも・・・。
私は変わった物を食べたがるが奥様は駄目なのでいつもストレスがたまってしまいます。
食事の時ほど大人数で行きたい物だ。
旗津海産店_カエル_020
日本のアサリとは形状が違うが日本人にはこれをアサリと言う
日本のアサリも有るのになー
旗津海産店_アサリ_020
手前の紅ハタを頼みました。
旗津海産店_魚_020
ヤリイカを頼みました。
旗津海産店_魚3_020
海老が蒸されて出てきました。これが美味しいのよ
旗津海産店_海老蒸し_020
付いてきたタレが甘くてまずかったのでゼスチャーで醤油に唐辛子を要求したら
わさび醤油を持ってきた・・・いつもの事で日本人と見るとこれだ
この醤油に刻み唐辛子が一番有っている店で出したい一品だが
活きの海老でないと旨くないので無理であろう。
旗津海産店_海老蒸しのタレ_020
このアサリ炒めの味付けもほとんどの店で同じで旨い。
旗津海産店_アサリ炒め_020
ヤリイカは生姜醤油風味でしたが味が薄かった。
旗津海産店_ヤリイカ炒め_020
開いて蒸したのが出てきたのは初めてだった。これも薄味だった。
旗津海産店_赤ハタ蒸し_020
野菜はゴーヤと塩卵炒めこれが旨いのよ
店で出しているので御賞味ください。
IMG_7755_020.jpg
シダの仲間の山菜をジャコと豆豉で炒めたもの
微妙な味
旗津海産店_山菜炒め_020
ひたすら飲み続ける奥様です。
この台湾ビールは軽くて本当に美味しいです。特にゴールドラベルは
旗津海産店_秀美_020
変わった所でナマコ炒めを奥様は手を付けませんので私一人で完食しました。
カエルも気になっていたが満腹の為あきらめました。
旗津海産店_ナマコ炒め_020
鼓山へ戻りフェリー乗り場の近くに、ごった返しているかき氷屋を発見
早速味見をする事に
鼓山_氷屋_020
もちろんマンゴーかき氷
これは普通の氷のタイプでさっぱりしている。
鼓山_氷屋マンゴーかき氷_020
お隣さんのもパチリと写真に納めました。
たぶんコーヒーシロップが掛かっているヤツだと思う。
なぜか数軒有る中でここだけ混んでいました。
この時点で15時なので帰りの沿線沿いに有る黄昏市場(ココの情報)を覗いて帰ります。
鼓山_氷屋3_020
紅線 生態園区駅で降り案内板に従って市場に向かいました。
市場までの路は歩道が有ったり無かったりで道路を歩かなければならない所が有り
まだまだ未開発な感じの町に見えました。
いろいろ見ていると高雄は台北より開発が遅れている様な感じを受けてしまいました。
市場の隣には大きな駐車場が有り
黄昏市場_020
建物内に入って行くと
黄昏市場3_020
駐輪場があり
黄昏市場2_020
こんな感じで雑多な中に店が混在していました。
市場と聞くと必ず覗くのですが
買って帰る事が出来ない品物が多くて残念に思います。(目の保養には成りますが)
黄昏市場4_020
そんなこんなで19時頃台北に戻ってきました。
その足で火鍋の天外天へ行きました。(お店HP→天外天(中国語)
火鍋屋も外せない食事形態です。
特にバイキング形式は食材の監察にはもってこいです。
火鍋屋も数軒行っていますがここ何回かはココで安定しています。
しかし奥様は火鍋が余り得意ではないのでいつも渋々付いてきます。
が突然楽しんでる写真が・・・。
ビール飲み放題なので案外うれしそうに見えますが
私達は民権一店という支店しか行った事はないが(蘆洲線 中山國小駅4番出口から徒歩2分位で便利)
市内には数店有るそうです。
天外天_民権一店 秀美_020
今回は3種選べる鍋にしました。
加哩(カレー)沙茶(白湯なんだけどなぜか英語表記はバーベキュー)麻辣(四川)
事前調査ではカレーが意外に旨い事を掴んでいたので期待していたら
その通り金ちゃんのカレーヌードル味そっくりで
特に内臓系の食材に合っていた。(モツカレーは旨いもんね
と沙茶はしゃぶしゃぶの様に食べられ牛肉はこれに限るね
麻辣は前回まで気に入っていたが今回は出番有りませんでした。
天外天_民権一店_020
唯一この血を固めたプリンみたいな物は麻辣には欠かせません。私の好物です。
天外天_民権一店 豚の血_020
仕上げはもちろんインスタント麺を入れてカレーヌードルにしました。
うどんも試したが麺が日本の物より堅かったのでイマイチでした。
天外天_民権一店 仕上げのラーメン_020
ハーゲンダッツのアイスも食べ放題でいつも満腹の仕上げの口直しで頂いています。
これで479元+サービス料10%
一人約1500円は安いでしょう。天外天_民権一店 ハーゲンダッツ_020
まだ21時頃なので歩いて行ける晴光市場の散策へ行きます。
以前にも書きましたがここは朝から晩までやっていて
規模は小さいですが好きな場所です。
今回はホテルが遠いので余り利用出来ませんが
やはり来てしまいます。
しかし腹に何も入る余地など無くサラーと見て
晴光市場_020
勝立百貨でお買い物をしました。
ここもお気に入りの場所で前回はピンクのヘルメットをゲットしています。
今回も予備に他の色を買う予定でしたが気に入った物が無く
店内でいろいろ物色していたら金門こうりゃん酒が目に付きました。
これも今回の仕入れの1つでしたので迷うことなく
6本(一人3本まで免税なので)買いました。
一本649元(1817円)
コンビニで750元、免税店で830元位で売っていました。
IMG_7945_020.jpg
あとボタン電池(2個で84円しっかりブランド品)、
ニッケル水素充電電池(日本より容量が多くて2700mAh)、
同充電器(1750円)
靴下(1足190円)などを買いました。
ここの百貨店は商品さえ吟味すれば結構安く手に入れられるので大好きです。
IMG_7940_020.jpg
2日目終了です。
スポンサーサイト

tag : グルメ旅行記

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。