スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾グルメ旅行記最終日

いよいよ最終日です。
空港に16時15分までに行かなければなりませんので
日程は時間通りに遂行しなくてはならず綿密に組みました。
自分の土産を買う為に南門市場に行きます。
ここは早くから空いていますので好都合です。
7時頃ホテルを出発しました。
MRT淡水、新店線で新店方向に乗り2つ目中正記念堂を目指します。
MRT中和線南勢角方面へIMG_7290_020
中正記念堂
中正記念堂_020
出口2番を目指します。
南門市場2番出口_020
出口を出たらすぐ南門市場です。
始まったばかりの様でした。
南門市場_020
いつも行くお菓子屋さんへ
IMG__020.jpg
ここで落花糖を買いました。
勿論ジェスチャー混じりで。
南門市場菓子屋_020
市場裏手のバス停『公賣局』から南機場夜市へ向かいます。
バス204番公賣局_020
204番のバスに乗ります。
この様に手を挙げて合図しないと止まってくれません。
バス204番_020
ここでアクシデント発生
前回もここで乗った記憶があったのですが
勘違いして反対方向に乗ってしまった事が2つ目のバス停位で解って
あわてて3つ目で降りました。
ま、反対方向のバス停を探して乗ればいいのですが
テンパッテいたのか一方通行道路と勘違いして
地図で探す事10分位でしたがバス停が解らず
と地図から目を離して前の方を見ると対向車線にバスが通っているではありませんか。
この時初めて勘違いから解き放たれました。
この事を妻に伝えると『私は解っていたが・・・。』と軽くあしらわれました。
反対車線から無事乗り込みました。
Iバス204番接近_020
バス停南機場公萬です。
ここはダウンタウンで寂れた感じの町並みでした。
バス停南機場公萬_020
南機場夜市です。
ここも朝からやっているとの情報出来たのですが
やっている店はチラホラでした。
南機場夜市_020
南機場夜市水餃子通り
ここで食べたかったのに一軒もやっていませんでした。
南機場夜市水餃子通り_020
で、一軒の屋台を見つけて
覗いてみるとなにやら作っていました。
南機場夜市2_020
生地を延ばして具を詰めて焼いています。
2種類の具のどちらかを選択してその場で焼きたてを食べました。
南機場夜市4_020
名前が解りませんが
夜食で買った葱入り焼小籠包の味に似ていました。
南機場夜市3_020
荷物もある事だし一度ホテルへ戻ります。
台北駅です。この時点で9時30分です。
台北站_020
昼飯にはまだ早いので
妻の要望でLOUIS VUITTON へ買い物に行きます。
滅多にブランド店には行かないが息子に頼まれたらしい。
11時オープンなので近くのバーガーキングで15分程コーヒーブレイクです。
バーガーキングでひと休み_020
で、再びホテルへ戻りで荷物をすべてスーツケースに詰め込みフロントに預けました。
フロントで聞いた所、空港までタクシーで20分位掛かるそうなので
遅くても3時30分にはホテルを出なくてはなりません。
昼食はお気に入りの台北魚市です。
台北駅で49番のバスを待ちます。
この時点で11時20分です。
台北車站_020
30分位で台北魚市のバス停に着きました。
松山空港の西側横に位置してますのでここから直接空港に行けば近いのですが
スーツケースを持っての移動は大変なのでホテルに預けた訳です。
バス停台北魚市49番IMG_7311_020
足早に向かっていくと
何やら様子が変です。
台北魚市建設中_020
ガ~ン
な、なんと工事中です。
他で仮営業やらしていないか近くの人に聞いてみたが
言葉の壁が・・・。
仕方なくどうしようと悩んでいたが
もう一つの選択肢で取って置いた華山1914創意文化園区に有る青葉新楽園へ行く事にしました。
台北魚市建設中2_020
華山1914創意文化園区は板南線忠孝新生駅の近くなので同じバスで行く事になります。
しかし行天宮でおばちゃん達が沢山乗り込んで来て席を譲らさせられてうるさいので
困惑していたら新路線の行天宮駅を発見したので速、降りました。
MRT蘆洲線行天宮駅_020
二駅の短い区間でしたがこちらの方が良かったです。
MRT蘆洲線行天宮駅2_020
華山1914創意文化園区です。
華山_020
奥に進んで行きます。
華山2_020
更に進んでいくと
華山外観_020
左手にありました。
IMG_7352_020.jpg
青葉新楽園です。
この時点で12時45分で十分時間に余裕があります。
華山、青葉新楽園_020
席に案内されて
青葉新楽園店内2_020
内庭があったけど余り綺麗ではありません。
青葉新楽園庭IMG_7331_020
日本語堪能のスタッフも常駐していてシステムを教えてくれました。
基本的には台湾料理ビュッフェレストランですので
出ている物を勝手にとって食べるスタイルです。
違う点はテーブルPOPに書かれている商品は作りたてを持ってきてくれます。
ソフトドリンクは勿論ですがうれしい事にビールも飲み放題です。
青葉新楽園テーブルポップ_020
早速いただきましょう。
青葉新楽園2_020
まずは前菜で乾杯。
お気に入りのシジミの醤油漬けは勿論
後は名前の解らない物を少量ずつ(バイキングは少量ずつ取ってくるのがオシャレですね。)
青葉新楽園3_020
暖かいコーナーより
アサリの炒め物
青葉新楽園バイキング1_020
美味しかった。
青葉新楽園メニュー_020
イカの炒め物
青葉新楽園バイキング2_020
豚肉の炒め物
青葉新楽園バイキング3_020
美味しかった。
下はヘチマの炒め物
青葉新楽園メニュ-2_020
切り干し大根のオムレツ
青葉新楽園バイキング4_020
肉入りビーフン
青葉新楽園バイキング5_020
炒飯
これは作り置きの物で美味しくはなかったのですが
テーブルPOPにも書いてありできたてを食べれます。
これが後から物議の元になるとは・・・。
青葉新楽園バイキング6_020
ヘチマの炒め物
青葉新楽園バイキング7_020
豚足の煮物
青葉新楽園バイキング8_020
大好物です。
これを結構食べてしまいました。
青葉新楽園メニュ-3_020
POPから注文した炒飯
青葉新楽園メニュ-炒飯_020
一口食べた時『カリッ』とした食感が・・・。
この食感の為、妙に美味しく感じたので探ってみると
何か透明な物体です。
青葉新楽園メニュ-炒飯2_020
更にアップすると四角な薄い形をしています。
舐めてみても味は特にないので砂糖関係ではないと思うし
しばらく考えていたがここは聞かなければ帰れないと思い
係の子を呼び聞いてみたら奥に聞きに行ってくれました。
そしたら上司があわてた顔をして何やらしきりに謝りだしたではありませんか。
『少ししか使っておりませんので・・・』何の事やらさっぱり解りません
私は『クレームを言っているのではなくこの物体が美味しいので何か知りたいのです』と言い直しました。
店員『日本語で説明するのは難しい』と
私 『漢字で良いから書いて見せてほしい』と
店員は奥の方に行き帰って来て紙に書いてある物を見せてくれました。
味精と書いてあったのでピーンと来ました。
味精=味の素=グルタミン酸ナトリウム=化学調味料なのです。
それで『少ししか使っておりませんので・・・』か
クレームに思われたのでしょう。
日本で販売している物はもっと粒子が細かくすぐに溶けるように作られているが
これは粗く(米粒位の物もある)味も薄い(精製が悪いのか)
仕上げに多めに入れた為に溶けずに提供されてしまったようだ。
と推理して一件落着
事実試しにもう一度頼んだら
カリカリ感は無くなっていました。
しかしこの食感が忘れられず次回来た時は探し出して購入したい物です。
青葉新楽園メニュ-炒飯3_020
気を取り直して次の一品は
店内入口にその場で作ってもらえる屋台が有り
蒸し物屋台から
青葉新楽園店内屋台1_020
腸詰めの中身を蒸した物?
青葉新楽園メニュ-4_020
こちらはすし屋台
魚の状態が余り良くなかったのでパスしました。
青葉新楽園店内屋台2_020
汁物屋台から
青葉新楽園店内屋台3_020
汁ビーフンを
この時点でオーダーストップが掛かってしまったのでバタバタ注文
14時閉店とは気が付かなかった。
青葉新楽園メニュ-8_020
POPから注文にの品
もやし炒め
青葉新楽園メニュ-5_020
カキフライ
台湾のカキは小さい
旨くなかった。
青葉新楽園メニュ-6_020
カキ入りオムレツ
青葉新楽園メニュ-7_020
仕上げは勿論デザートとエスプレッソで締めくくり。
ごちそうさまでした。
青葉新楽園メニュ-9_020
私達のように食べ歩きを目的にしていると
料理がいろいろ味見出来るこのスタイルが助かるのですが
何せ日本の多くのように袋から出してそのまま提供する所が多い現状では
勉強にもならないと思っているので出来るだけ選択肢の中に入れないのですが
今回はアクシデントがあった為やむお得なく来たのですが
平日ランチで1人550元サービス料10%入れて605元日本円1736円
ビールが飲み放題でこの価格なら安いと思いましたが・・・。
味の方も老舗台湾料理屋である味を守っているのかクオリティが高く
満足出来ました。
横浜の中華街でも同じような提供方法の店に行っていますが
ここの方が洗練されていると思いました。
叉来たい一店に入れておきます。
この時点で14時30分
早く終わってしまったが605番のバスに乗りホテルに戻りました。
バス停忠孝國小605番_020
この時点で15時です。
名残惜しいが
ホテル前のタクシーに乗り込み空港に行きます。
この運転手道中ズーと演歌のカラオケを流暢な日本語で歌っていたので
日本語で話しかけたら何もしゃべれなかった。
こんな陽気な運転手が多いのです。
ホテルからタクシー_020
15分程で松山空港到着です。
200元程で日本円574円です。
こんな事なら到着してホテルまでタクシーが一番だと次回の教訓にしている私でした。
松山空港_020
1000元以上の買い物の場合正規の手続きをした書類を見せれば消費税の5%を還付してくれます。
結構時間が掛かるので要注意です。
松山空港消費税還付IMG_7357_020
松山空港にも自動発券機がありました。
無事チケットを受け取りチェックインカウンターで手続き完了。
松山空港は小さな空港で見る所も無さそうなので足早に出国審査をして飛行機を待ちました。
自動発券機_020
スポンサーサイト

tag : グルメ旅行記

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。