スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾グルメ旅行記1日目

わたしたちのゴールデンウィークをささやかですが5/8~10日までの3日間取ることになり、
3週間前に急遽、台湾に行こうと言うことになりました。
台湾は1人で行った時(何しに行ったの・・・? も・もちろんお勉強ですが・・・。)を含めるとかれこれ10回位は行っている大好きな国です。
最近ではテーマを決めて行くことが多く去年も今頃行きましてローカルバスの制覇でした。
台北はタクシーが安いのですがなんと言っても歩いて地元民と同じようにローカルバスに乗り市内を散策する方がその地域を知るには手っ取り早いと思い何処へ行っても良く歩き公共の交通機関も良く利用します。
で、今回のテーマは列車に乗ろうです。
回数行っている割には利用したことが無く(長くても3泊4日では行動範囲が限られてしまいます。)
そろそろ台北の散策も飽きてきたので次回以降は台中や台南、高雄まで足を伸ばしたいので足掛かりを作っておくことにします。
では前書きはこの位にして
はじまりはじまり
今回は2泊3日ですからツアーを決めるに当たって現地の滞在が多く取れる発着便を持つ航空会社として羽田発のチャイナエアラインを選びました。
一番良いのは午前発午後帰りですが商売柄前日の帰宅時間が深夜になってしまう為自宅を出るのは10時前後にしないと大変なので集合時間12時40分、出発14時40分のCI221便にして帰りは16時15分発のCI222便になりました。帰りは2時間前のチェックインですので14時15分までに行けばいいので昼食を食べてこれます。いつもはセントレアから行っていたのですが羽田から国際便が飛ぶことになり便数も価格もお得で時間的にも遜色なく、はたまた空港併設の駐車スペースも豊富で価格も変わらないと良いこと尽くめなのでこれからは羽田にする事になりそうです。
前書きが長くなりましたが
今度こそはじまりです。
今はネット上で検索をかければ何でも情報を探すことが出来ます。
今回もプリントアウトした情報が1㎝近くの厚みになり
ガイドブック(新個人旅行が一番、なぜならバス路線図が書いてあり便利)と前回帰りの空港でゲットした台北市内のバス路線図(勿論中国語)は旅の最強の助っ人です。
いざ出発_020
使い込まれたスーツケース。
コレで何ヶ国旅したことか
2泊3日なので荷物は半分にも満たないのですが現地で調達する食材や土産を入れてしまう為、便利です。
スーツケース_020
羽田空港にてチェックインします。
今では自動チェックインの機械が有りパスポートを読み取るとチケットが発券されます、と案内の人に教えてもらいました。松山空港にも有るらしいので帰りは使ってみます。
自動発券機_020
そんなこんなで台北松山空港に無事到着、現地時間17時15分(時差マイナス1時間)です。
今回のツアーは送迎無しなので(だからツアー代金3万円なのかな?)自力でホテルまで行かなければなりません。
ま、台湾リピーターともなると余裕ですが・・・と言いたい所ですが送迎無しは初めてですので慎重に行きたいと思います。
羽田発の場合は台湾の国内線が飛んでいる松山空港を使用します。
この空港は桃園国際空港と違い市内に有るのでアクセスが良く今ではMRT(地下鉄)が乗り入れています。
まず空港の銀行で両替します。前回の残りが2万円近く有りましたが念の為2人で4万換えました。というのはここ3回位1人2万換えれば交通費、食事代とおみやげなど買っても足りてしまいましたので。
レートは1台湾ドル2.87円でした。
ここに乗り入れている地下鉄は木柵線ですが確か去年は工事中でつながって無かったので
ホテルが台北駅のすぐ前なので地下鉄を利用することにしました。
コレが間違いの元だったとは誰も思ってもいませんでした。
スーツケースを持って階段やエスカレーターメインの移動は大変でエレベーターを探していたりして時間のロスにつながり挙げ句の果てには日本と上下線が逆なので乗り間違えたりでなんとかホテルに6時半頃着きました。スムーズに行けば30分位で着く所だいぶロスをしてしまいました。ま、今日はこのロスがまだまだ続きますけどね。
ホテルは華華ホテル(Hotel Flowers)という所で台北駅にも近くアクセスも良い条件が揃っているにも関わらず古さは否めないがこの価格で利用出来るなら申し分ないと思いました。(テレビは壊れてしましたが・・・。) 
で早速食事に行くことにします。
時間が時間なので念のためフロントで予約をしてもらい
バスで行くことにしてバス停のある所まで行ったが208番のバス停が見あたりません
7時に予約してあるし疲れているので仕方なくタクシーをつかまえて行き先を伝えようとガイドブックを見せたが
年のせいか老眼のようで(良く有る)メガネを出して見たが良く解らずすったもんだしたが結局私がメモに大きく住所を書いたら解ってもらえた。住所を見せるのが手っ取り早いです。
そんなんで店に到着しかけたら通り過ぎてしまいあわてて止めさせました。
しかしおじさんは悪いと思ったのか5台湾ドル負けてくれました。
台湾の人良い人多いです。現に空港からホテルに着くまでもたもたしていたら2~3人に声かけられて親切にしてもらいました。
やっと店に到着して予約したと伝えたら明日と思ったと言われてボーゼン
しかし入口のところが空いていたので滑り込みセーフでした。(こんな事も良く有ります。ホテルの人の予約の仕方が雑な様でうちの宿泊客の日本人が2人何時に行くから位に行っていたとかなんとか・・・。)
気を取り直して
好小子海鮮店は台北に来た時は必ず利用する台湾海鮮料理店です。
右に写っている赤い縦縞シャツの人が店主の高忠鋒さんで片言の日本語が出来て大変気さくな方で気に入っています。今回はもう1人若い女の子が日本語が話せましたので安心して食事を取ることが出来ます。オススメの店です。
好小子海鮮-11_020
店頭には海鮮やら野菜が並んでいて指させばその食材にあった調理方法で作ってくれます。
ま値段はおまかせですが日本で同じ量食べる金額の6割位が目安な様に思われます。
私たちは勉強の為、非常に食べる物と飲む量が多いので今回の金額を参考までにお知らせし台湾ビール6本位と紹興酒1本と下記料理を頼んでなぜか3000台湾ドルちょうどでした。
私は安いと思いますが如何でしょうか。
好小子海鮮-2_020
まん中に写っている赤い斑点の有るハタを海鮮蒸しに
好小子海鮮-3_020
アサリと言っていたが日本のアサリと同じ物は別にあるので違うと思うが三保で取れるさくら貝に似ている。
コレは台湾バジルと共に味噌炒め?
好小子海鮮-4_020
まずは台湾ビールで台湾到着に乾杯
手前は大根の酢の物、奥はシジミの醤油漬け毎回サービスで出してくれるがお通しなのかな?
このシジミの醤油漬けですが台湾では醃蜆仔て書いてポピュラーな物ですが半生状態なので好き嫌いがあると思いますが私は大好物で店でもかなり前に商品化しましたが大粒のシジミが手に入りにくくなじみが薄くあまり注文がなかったので今はやっていません。
好小子海鮮-6_020
アサリ?の味噌炒め
ニンニクもかなり効いていて緑の物が台湾バジルです。
好小子海鮮-アサリ_020
台湾バジルのアップです。
生の葉をお見せ出来ないのが残念ですが市場などには山積みして売っています。
スイートバジルと違い爽やかなハッカ臭がして病み付きになります。
好小子海鮮-11台湾バジル_020
海老を蒸しただけ
コレは妻の大好物でコレを与えておけばご機嫌です。
芝エビ系ですので殻ごと行けます。
好小子海鮮-エビ_020
で、日本人と見るや出てくるのがコレ
写りが悪いが、わさび醤油です。日本人が何でもかんでも、わさびを付けるかって言うの
ほんとうに香港でも韓国でもそうなんですヨ
好小子海鮮-7_020
で、コレに変えてもらいます。
醤油に生唐辛子を刻んでもらいます。
台湾の方達はコレで食べています。
郷に行っては郷に従えです。ゼスチャーを駆使して伝えます。コレが叉楽しい。
好小子海鮮-9_020
ハタの蒸し物です。
醤油味で香菜の風味にそそられます。
好小子海鮮-ハタ_020
手が汚れたらこのティッシュ?
ティッシュと言うより手拭き。
好小子海鮮-ティッシュ_020
完食
好小子海鮮-魚完食_020
蟹の蒸し物
今回初めて食べましたが生きている物を蒸すので鮮度抜群で味噌が濃厚、やはり醤油ベースだと思う。
蒸し物は同じようなソースを使うのかな?
好小子海鮮-カニ_020
で、下に敷いてあったのがきしめん状の物、米粉かな?
好小子海鮮-カニ2_020
のども潤ったから紹興酒へ。
私たちはオンザロックで飲みます。
いつも思うけどこの氷、水道水で作られているのに腹こわしたこと有りません。
好小子海鮮-紹興酒ロックセット_020
ゴーヤの塩卵炒め
コレも毎回注文するけど最初はゴーヤをどう料理するかと思いきやこの調理方法でした。
今ではこの味にはまっています。
塩卵というのは正式名鹹蛋と書きまして正式料理名 鹹蛋苦瓜と書きます。前回までは茹でた物を使っていたが今回は生の物を使って有りより濃厚でした。
昔は黒い泥のような物をかぶせてありピータンのような状態で販売していたがここ数年は茹でた物が真空パックで流通しています。生の物が手に入れば使いたいが・・・。
何年か前から店でも出していますが反応が鈍く苦戦しています。
好小子海鮮-ゴーヤシェンタン_020
サービスのデザート
トマトですがシナモンパウダーとグラニュー糖がかかっています。
意外に美味しい。
好小子海鮮-トマト_020
完食
好小子海鮮-完食_020
で、まわりを何下に見渡すとな・なんと女性の下着を販売しているワゴンが(はじめから気づいているくせに
そうです隣は下着やさんでいつもは奥に通されるので気づかなかったが今回はラッキーだった
カップルが止まっては手にしているので思わず想像してしまいました。反省
好小子海鮮-下着_020
で、9時半頃の店内です。
先ほどまで満席だったのに一気にお客がいなくなりました。
ごちそうさまでした。
好小子海鮮-店内_020
お腹も満たされたので台湾名物の夜市へ行きます。
目指すは台北一番の士林夜市です。
観光ナイズされていますが葱油餅とマンゴーかき氷が目当てです。
前回たまたま食べたら美味しかったので忘れられぬ味になってしまいました。
店の横がバス停でMRT淡水線圓山駅に接続されているので208番のバスを待ちました。
10分程でバスが来たので手を挙げて乗る意思表示をします。
コレをしないとバスは降りる人がいない限り止まってくれません。
料金は悠遊卡
(ゆうゆうカード)を持っているのでコレで払いますが乗り口の上の所の電光掲示板に上下車収票と言う文字が有り上、下電気がついている方法で支払います。このバスは上が消えていて下が点いていましたので下車する時に支払います。現金の場合はおつりはでませんので要注意です。悠遊の場合は機械にかざすだけですので便利です。
208バス車内_020
5分程で圓山駅に着きました。
MRT圓山_020
圓山駅です。
MRT圓山-2_020
劍譚駅で降ります。士林駅もありますが台北駅方面から乗る場合は劍譚駅で降りて夜市を歩いていくと士林駅に着きますのでここから帰るも良しUターンして劍譚駅に戻るも良しです。
劍譚_020
駅の下は駅前飲食センターが見えます。
士林夜市-駅前飲食センター2_020
そそる気持ちを抑えて案内板通りに進みます。
士林夜市1_020
まずは駅前飲食センターに行きます。
私たちは毎回食事後にここを訪れるのでここで食事をしたことは有りませんが新しくなる前の古い建物の時臭豆腐を食べて変なリアクションを取ったら台北の女の子に笑われたことがあります。この臭豆腐は臭いと言われていますが私はくさやの方が臭いと思いました。
一通り見学して
士林夜市-駅前飲食センター_020
駅の右奥の方に進んでいくと屋台が見えてきます。
ここからが夜市らしい所です。
士林夜市2_020
毎回この人混みです。
士林夜市3_020

場所の説明は面倒なので控えますがここで食べた葱油餅が美味しくて妻が一口だけ食べた残りを私が平らげてしまったこ事を次回ここに来るまで根に持たれたのは切なかった。
士林夜市-葱油餅店_020
卵入りの葱油餅です。卵が絶妙なのです。
士林夜市-葱油餅_020
それから食後のデザートでマンゴーかき氷です。
コレも娘と来た前々回に食べて感動した物ですが去年は店が解らなく今年はあてずっぽうに入って見たが美味しくなかった。練乳が入っていなかったらしい。注文し間違えのようだった。
士林夜市-マンゴーかき氷_020
今宵はまだまだ続きます。
24時間営業の家楽福(カルフール)西門店へ行きます。
ここは日用品や電化製品が安く買えるスーパーマーケットです。ここだけ24時間営業のようです。
再び劍譚駅から淡水線で台北駅へ木柵線へ乗り換え西門駅で降りバスで1区間乗り到着
家楽福_020
必需品のミネラルウオーター(これ日本円で43円位)と勿論ビール、日本では珍しいドリアン匂いは臭いが味は今まで食べたことがない味で表現がむずかしい。強いて言うならバナナの甘みを抑えたのにアボガドの青臭さを抜いた味をたした様なクリーミーな感じ(これ日本円で427円位)
家楽福ゲット品_020
で、食べてたら種が2個出てきた。
持って帰ろうと思ったが検疫にでも引っかかったら厄介なので辞めた。
長い1日目が終わりました。
現地時間12時50分です。
これから風呂に入って寝ます。
お休みなさい。 2日目へ
ドリアンの種_020

スポンサーサイト

tag : グルメ旅行記

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。